はじめての国債投資 人気の個人向け国債も解説

『国債』ってご存知でしょうか?名前くらいは聞いたことがある。最近ではニュースなどでも国の国債残高が……といった話もでているのでよく聞くという方も多いかもしれません。しかし、国債というものを「投資対象」として見ている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?

このサイトでは、国債の知識から投資方法、メリットやリスクなどをわかりやすく紹介していきます。また、人気の高い「個人向け国債」の仕組みから買い方、種類まで解説していきます。なお、人気の個人向け国債の最新情報については「個人向け国債最新情報」をご覧ください。

安定的な資産運用として「国債」は有力な候補

国債への投資と聞くと怖いイメージを持つ方もいるかもしれません。
しかしながら、国債への投資は、投資の中では低リスクであり、どちらかというと「預金(定期預金)」に近い性質を持つ投資です。特に個人向けの国債である「個人向け国債」においては解約ができるなど、より投資しやすい商品となっています。

逆に投資と考えたときリスクは低いけどリターンもそれなりしかない国債に魅力を感じないという投資家の方もいるかもしれません。しかしながら、運用資産のポートフォリオを考えたとき、株や投資信託といったリスク資産だけで組むポートフォリオは挽回可能な若い人ならいいかもしれませんが、将来を見据えて守るべき資産を持つ人にとってはリスクが高すぎます。
そういう人にとって円ベースでの無リスク資産として「国債」を運用することは、金利の低い円預金やタンス預金で眠らせるよりは効率的な運用が可能となります。

当サイトでは投資初心者の方にもわかりやすく国債投資の基本を解説しています。まずは「国債の基礎知識」から読み進めていってもらえるとわかりやすいかと思います。

国債の基礎知識

国債の基礎知識では、そもそも「国債」というものが一体どんな金融商品なのかをわかりやすく解説していきます。

国債とは
日本国債なんかに投資をしても大丈夫なの?
国債に投資するメリットとリスク
国債の種類
 |-利付国債
 |-変動利付国債
 |-割引国債
 |-個人向け国債(個人向け復興国債) 
 |-復興援国債
 |-新窓販国債
 |-物価連動国債
知っておきたい債券の知識
 |-債券の満期と金利の関係
 |-債券の発行市場と流通市場
 |-債券価格と金利の関係
 |-債券と「信用リスク」
国債購入にかかる手数料
国債にかかる税金
国債投資用語集
国債への投資コラム

国債に投資する

「国債に投資する」では、実際に国債を購入(投資)するための買い方や仕組みなどを解説します。
また、国債と似ている「定期預金」「社債」、「外国債券」など他の金融商品との比較も行っていきます。

国債はどこで買える?
国債と他金融商品を比較
 |-定期預金と国債比較
 |-社債と国債を比較
自分にあった国債の選び方
債券(国債)に投資をする際チェックする項目
 |-償還期間(満期)
 |-通貨
 |-発行体の信用リスク
 |-特約事項
個人向け国債投資キャンペーン
・国債投資のQ&Aコーナー

個人向け社債に投資

最近、発行が増えている個人投資家を対象とした「社債」の発行。社債とは事業会社が発行する債券で、国債と比較すると信用リスクがあるものの高利回りが期待できます。
ここでは、個人向けの社債投資についての考察、紹介をしていきます。

社債投資のメリットとリスク
・特別な条件付きの社債に注意
・社債投資は「ココ」を見る
・起債情報チェック

国債投資と証券会社

国債に投資をするのであればネット証券が便利です。ここでは、国債(債券)への投資をするうえでお勧めの証券会社を紹介・比較していきます。

1位:SBI証券
2位:楽天証券
3位:マネックス証券

※上記証券会社では、インターネットを通じて個人向け国債への投資が可能になっています。

 

個人向け国債の販売スケジュール・金利最新情報

個人向け国債

人気の個人向け国債「10年」「5年」「3年」の最新情報を掲載しています。販売予定や金利などを参照ください。個人向け国債の購入は証券会社の口座が必要です。 個人向け国債への投資におすすめの証券会社選びについては「証券会社比較」のページをご参照ください。

変動金利型10年満期個人向け国債
利率(金利) :(基準金利×0.66)
発行頻度 :毎月
最低利率 :0.05%
購入希望者は募集期間中に証券会社にお申込みください。
固定金利型5年満期個人向け国債
利率(金利) :(基準金利-0.05%)
発行頻度 :毎月
最低利率 :0.05%
購入希望者は募集期間中に証券会社にお申込みください。
固定金利型3年満期個人向け国債
利率(金利) :(基準金利-0.3%)
発行頻度 :毎月
最低利率 :0.05%
購入希望者は募集期間中に証券会社にお申込みください。

ちなみに、現状の商品スペックで個人向け国債に投資をするのであれば保有期間の長さにかかわらず10年国債に投資をするのがお勧めです。理由は>>個人向け国債なら10年ものが圧倒的に有利

 

債券投資ガイド
債券投資ガイドでは、国債、社債、外国債券(外債)、仕組み債など各種債券への投資をわかりやすく解説しています。
ネットバンク比較ランキング
債券は怖いけど、少しでも安全・有利に運用したいという方には金利の高いネットバンクの定期預金がおすすめ。
アパート経営の教科書
国債金利じゃ物足りない。ミドルリスクミドルリターンを目指す方のためのアパート経営(不動産投資)ガイド。
外貨MMF投資ガイド
外貨投資で高金利を獲得するのならおすすめはやっぱり「外貨MMF」。外債投資にも活用できる。
ネット証券比較ランキング
おすすめのネット証券を株式投資やその他の手数料、サービスなどでわかりやすく比較しています。
 

国債投資にお勧めの証券会社

国債への投資やその他債券へ投資する上でおすすめの証券会社を紹介します。

個人向け国債の取り扱い量は多く、毎回購入額に応じたキャッシュバックキャンペーンを開催しています。また、不定期に販売される「SBI債(個人向け社債)」は高金利で毎回完売するほどの人気債券です。取り扱いはSBI証券だけ。
>>SBI証券詳細情報

個人向け国債への投資キャンペーンを開催することも多く、国債ではありませんが、高金利の個人向け社債「マネックス債」を不定期に販売しています。特にマネックス債は国債と比較しても高金利で非常に人気の高い債券となっています。
>>マネックス証券詳細情報

個人向け国債の取り扱いOK。他のネット証券のように人気の個人向け社債の販売はありませんが、外債(外国債券)など、債券関連の取り扱いは豊富です。
>>楽天証券詳細情報

10年国債(変動)
人気の長期個人向け国債。金利変動タイプ
>>詳細

5年国債(固定)
中期運用に最適な5年満期の固定金利国債
>>詳細

3年国債(変動)
短期の運用商品。毎月発行。個人的評価は×
>>詳細
新窓販国債
満期は2年、5年、10年の3種類。
>>詳細
SBI債 SBI債
SBI証券で不定期に発行される社債。短期満期にも関わらず高金利で人気が高い。
第31回金利:1.43%(1年満期)
>>SBI証券

 

当サイト人気ページランキング

当サイトで過去1ヶ月間の人気ページのランキングです。
1位:国債とは何か?
2位:個人向け国債の特徴
3位:個人向け国債なら10年ものが有利
4位:債券価格と金利の関係
5位:国債投資と税金
6位:国債はどこで買える?
7位:国債投資のメリット・リスク
8位:国債投資と手数料
9位:定期預金と国債比較
10位:34回以前の10年国債は解約

国債・債券投資に関する注意点とお願い
本サイトでは、国債に関する情報を多数提供しておりますが、特定債券への投資を推奨するものではありません。
また、債券投資は完全な無リスク投資ではありません。債券投資に関するリスクをご確認の上、自己の責任において投資をされるようにお願いいたします。